境内紹介

430年以上の歴史ある寺院の境内をご紹介。いつでもどなたでもお参りいただけます。
境内には法要やお葬式を営む本堂をはじめ、八王子市史跡である石見土手や松本斗機蔵の墓などの文化財もございます。
法要等でご心配な点がございましたらお問い合わせください。

二宮尊徳像

平成10年、当山の檀家である、故石黒直一様の敷地にあった像です。元々は、八王子市立第二小学校にあったものです。石黒直一様没後、境内に奉られています。

千人同心事蹟碑

千人同心事蹟碑は当初は、昭和16年八王子市立第五小学校の裏に立てられましたが、昭和41年千人同心ゆかりの当院へ移設されました。

石見土手

寺の裏庭には、大久保石見守長安が浅川の氾濫を防ぐ目的で築き上げた堤防「石見土手」の一部が残っております。

本堂内陣

現本堂は、平成3年3月に落慶いたしました。特に目を惹くのは本尊上の仏天蓋です。これは、宗格院型といって、当山にしかない型をしています。

寿老尊

境内左手にある八角地蔵堂は「寶珠閣」といわれ、その中に八王子七福神の寿老尊を祀っています。

宗格院本堂の聯(れん)

本堂の聯には、以下のような言葉が書かれています。
良价の禅は八王の里を流れ庶民を潤す 宗格の佛法は、三界を無尽に救済す

慈光観音

昭和19年、大東亜戦争(第二次世界大戦)の犠牲者を追善する為に建立されました。材質は、小松石を使っています。

河西祐助 二百回忌

河西祐助は八王子千人同心組頭見習いで、幕末の北方警備と蝦夷地の開拓に尽くしました。河西家は南北朝時代新田義貞の家臣まで遡る家柄であり、その河西家代々の菩提寺である、当院に河西祐助二百回忌の記念碑が建立されました。

せき地蔵

当院、開基山本弥衛門忠房の娘せきの供養の為つくられました。この女性は大変お酒を好みお酒を供えると「咳の病」が治ると伝えられております。

松本斗機蔵の墓

松本斗機蔵は千人同心組頭で天保8年(1837年)に書き上げた「献芹微衷(けんきんびちゅう)」で海防や開国を論じました。天保12年に亡くなり、当院にお墓があります。

牡丹

ホームページを飾る牡丹は、本堂前庭に100種類の牡丹があります。当山は市街地にある寺院ですが、4月10日頃より5月上旬まで牡丹の花を楽しむことができ、毎年多くの方が訪れます。

ねがいのお札

せき地蔵尊のお札です。基本的に「除せき祈願のお札」です。他の願意も書けるようになっています。赤色のお札は貼って頂き、白色のお札は身につけてお持ち下さい。五百円です。

寺務所、御朱印について

当山には、本尊様、寿老尊、せき地蔵の3種類のご朱印がございます。 寺務所にて、お声がけいただければお書きいたします。

© 2021 宗格院